婚約指輪や披露宴の演出は大変お金がかかります

結婚式全体に目を向けよう

彼からのプロポーズを受ければ、あとは結婚式に向かって怒濤の準備が始まります。まだ始めの内は、ご両親にご挨拶だとか結婚式場はどこにしようだとか新婚旅行は何処に行こうなどと夢のような毎日なので、お金についてそれほど考えることもなく楽しい毎日を過ごすことが出来ます。しかし、ふと気が付けばエステだネールだと準備していく内にどんどん支出が増えてしまって絶対に必要なものにお金が足りないという事態になりかねません。もしかすると彼も婚約指輪の購入のためにローンを組んでいるかも知れませんし、ここは新妻としてしっかり家計の管理をする必要があるのではないでしょうか。一生に一度の結婚式だからという言葉をよく聞きますが、一生に一度だからこそ堅実に決めていく必要があるのです。

結婚式場の見積もりにだまされないで

通常の結婚式場のプランは最低ランクの金額が書かれています。しかし実際にあれやこれやと披露宴の演出を増やしていくと想像以上に金額が膨らんでしまって、その後の新婚旅行や新居にお金をかけられなくなってしまいます。ですので、結婚式、披露宴、新婚旅行、新居、その全てにおいて貯金額を正しく配分しておく必要があります。平均的な予算ですと、結婚式と披露宴に300万から500万、新婚旅行(お土産含)に100万円、新居(賃貸)に100万から200万といったところでしょうか。最低でも500万円は必要だということになります。全てを二人の貯蓄で賄うわけではありませんが、とても大金が必要だということは頭に置いておいた方が賢明です。

神戸で挙式しようと思っている人はいませんか。ブライダルフェアに参加すると、模擬挙式、婚礼料理の試食などができるのでおすすめです。理想の会場選びには、ブライダルフェアを神戸で行っている式場の情報を参考にするといいでしょう。